JUNKOの瞑想ベリーダンス

さて、瞑想ベリーダンスってなに?と聞かれる事がありますのでここで説明させて貰います。

オンラインレッスンで軽く説明があるのですが

¨瞑想ベリーダンスとは、主にテクニック重視ではなく、フィーリングを重視にし、感情、思考、イメージ等をベリーダンスやトライバルフュージョンのテクニックを使って表現し、表現力を育てていきます。¨

とあるように(オンラインレッスンの内容はこちら)ベリーダンスでのテクニック以外の精神的な面を集中に育てていきます。テクニックは通常のレッスンで習います。ただし、ベリーダンスってテクニックだけじゃあ踊れないんです。いや、正確に言うと踊れるけど魅せる事が出来ない。と言いましょう。ここではベリーダンサーとして必要な条件でベリーダンサーの目線で育てるつもりで言いますが、カウンセリングで癒される、一人で踊る観客に見せるとかじゃない場合もありますよ。でも目的が違いますが、方法は同じ事が使えます。

そう、ベリーダンサーで必要な、テクニックと心、心が先走ってテクニックが・・逆もありますね。テクニックはあるけど心を理解していない・・。良く、フィーリングで踊れ!フィーリングを大事に!とか、ベリーのこの蕩ける様な感情を表せだの先生によってもしくはダンサーによってさまざまですが、言ってることは全て一つに繋がります。そう、心、精神的な表現です。でもその表現には2通り大まかにあり、

1、内向的なフィーリング

2、外向的なフィーリング、もしくはアピール

1、が実はとおおおおっても大事で、これが観ていて感じるダンサーは素晴らしいとされていてコンペティションなんかでも採点の大きなポイントになっています。内向的とは簡単に言うと自分自身で踊って感じているか? という事です。で、何に感じるのか?それは音を、体で感じているか?それに沿って踊って自分も楽しんでいる、もしくは魅せられているかどうかです。

2、は観客に向かってのアピールや感じさせたいフィーリングです。ニコニコ笑顔で踊りなさい!とはこういう事です。顔でよく悲しみや嬉しさ、恥じらい等の音楽や振付にありますがそれもこちらの表現になります。

1、は思えばこれって基本で、是が無ければそもそもベリーダンスしていないですよね?自分で何かを感じて何事も始めますから。でもそれをさらに深く探るのが私の瞑想ベリーダンスです。無意識から意識そして顕在意識に昇格させて行きます。

もし興味があればいつでも質問等メッセージを連絡フォームからどうぞ!