43種類のシミーバリエーションパートⅡ

前回の続きです。
以下20番〜紹介。

21 肩のシミー上下(folklore)
22     ペルシャ肩のシミー
23 アフリカン肩シミー
24 サウジアラビア 肩シミー
25 タイプシミー (4対4の割合で腰と歩きながらの4分の3シミー)
26 ブラジリアンシミー
27 アフリカンタイプシミー
28 タイプ4分の3シミー
29 ツイストシミー
30 フラタ―シミー
31 コンビ フラタ―シミーとマスカルシミー
32 サウジハンドシミー(ラテンアメリカ、カーリージ)
33 サンバシミー 
34 フロアと膝シミー(マスカル)
35 脹脛シミー(フロアダンスなど)
36 ヒップシミー
37 アフロヒップ/シミーとコンビアフロ、マスカルシミー
38 頭のシミー(上下に揺らす、ペルシャダンス)
39 ヌビア流頭のシミー
40 ザガレート(舌のシミー)
41 ジルを使って(指/手のシミー)
42 顔のシミー
43 まつ毛シミー

以上がシミーの種類。
いっぱいありますね。
これに又更に詳しく説明すると、バリエーションがもっと増えます。

43種類のシミーバリエーション

シミーの種類です。ざっと以下の種類が豊富に有りますよ。

1 腰のローテンションシミー(アフロ、サンバ、フラ、ラテンアメリカ)
2  胸の ローテンションシミー
3 腰のコンビと胸のコンビローテンション(ツイスト)
4   頭のローテンションシミー
5 腰のシミー
6 歩きながらのシミー(腰のシミーと一緒に)
 a)4分の2シミー
 b)4分の3シミー(hagalla)(ツイスト、アルジェリアタイプとサミーハ)
c) 4分の2につきシミ―5(arab.8フィギアシミー)
7  ガワジースタンプシミー
8  カイロ スタイル シミー
9  エジプト シミー
10  マスカルシミー(停止姿勢)
11  マスカルシミー(歩く、動きのある)
12   マスカル.腰 コンビネーション no2&6
13   バイブレーションシミー エジプシャン
14  バイブレーションシミー (マスカルシミーと足の筋肉同時に)
15  アフロ縦 シミー(アフリカンクラップシミー)
16  バイブレーションアフロコンビ(コンビネーションno.8&9)
17  コンビネーションアフロno.16-14-5+マスカルと腰のシミー
18  肩のシミー前後(均等に)
19  肩のシミー(アクセントあり)(バラディ―)
20  肩のシミー(4分の3の動きと一緒に、前後と上下のコンビ)

残りは次回に続きます。

トライバルベリーダンス

トライバルベリーダンスをしてみて思った事です。

これって元が民族的踊りの為に何だか儀式っぽくて魔女の踊りみたい笑

トライバルとは?簡単に説明すると、アメリカントライバルスタイル略してATSとも言う。s80年代にアメリカのサンフランシスコでアフリカとインドと中東のダンスや衣装、音楽を合わせた踊りを表現してトライバルが出てきて更にhiphopやモダンバレエやjazz、色んな要素を取り入れたのがトライバルフュージョン
ゴッシックやバーレスクもあります。

このトライバルベリーは輪になったり列になったりみんなで踊るんです。一人で踊るソロがどちらかと言えばメインのオリエンタルとは対照的ですね。

トライバルの良さはそこにあります。
例えばどんな事するの?と言えば‥

一人が声を上げたらそれは今から180℃回るよって合図だったり。

一人ずつ前に出ててその前の人が踊ることをみんなで踊ったり。

なのでどちらかっていうとあるパターンの細いテクニックの振り付けを習得してくって感じですね。

私は結構好きかも!(^^)! みんなで夜に火の周りで踊ったりしてそれが満月の日とかで‥って本当に魔女の儀式みたいな感じ好きかも笑
image

フュージョンは又別。フュージョンはこのトライバルの振り付けとバレエとか他のダンス要素が混ざった振り付け。
まさにフュージョンされた型って感じですね。

オリエンタルはもちろん基礎に入ってるのでトライバルとフュージョンは最近の進化したベリーダンスってとこでしょうか。

うんん、やはりベリーダンスは知れば知るほど深いですね−(^p^)

ベリーダンスセラピー

ダンスのセラピーをのちのち始めようかな、と思っています。

踊りながら皆さんの心の悩み体の悩みを解決ができたらと思います。

今私は実はドイツに住んでいるのですが、元々ドイツに来る前にカウンセラーの資格を持っていてここでダンスセラピーを学びました。
カウンセリングとベリーダンスを合わせてみたらなんとまあとても良い組み合わせではないですか!(^^)!
わたしも学びながらいっぱい元気をもらいました。

体と心は連動してるので、体からも心に(その逆も)パワーをあげるのにアプローチをベリーダンスを通してしていこう!と思います。

image

ベリーダンスと私2

そしてベリーダンスをしていってもう一つ気づいたのは
ダンスで綺麗になれる事。

というのはまずはベリーダンスは女らしさの表現での踊でもありますので
優雅さと艶やかさが身につきます。
(実際に観客からどう見えてるかは別として自分的に多少とも身に付いたと思います(^^))

そしてもう一つは
ベリーダンスでスピリチャルな心の体操が出来ること。
と言うのは、例えば、踊りながらグラウンディング(大地と自分をコネクションする瞑想の1種)する事。
新月にお願いを祈りながら踊ったり。

そういえば、ベリーターキッシュで皆で輪になってトランス状態に入って踊ったりするレッスンもある!
夜は星を見ながら夕陽や朝焼けをみながら踊るのも自然と一体化するのも気持ちいい♥
何だか宇宙を感じてパワーを踊りながらもらうんです。
wpid-bluemoon1.jpg

本当、ベリーダンスって体に良いダイエットになれるだけじゃなくて心にもイイ
なんて素晴らしい踊り♥

ベリーダンスと私

ベリーダンスってセクシーな踊りってイメージですが結構これが深いんだな~。

ベリーダンスする事によって自分の中のエロティシズムが開花されたな
と思います!もちろんそんな踊りでもあるからかもしれませんが、ダンスの魂の開花でも有りましたヽ(^o^)丿

ある先生からの一言
「メルティーさ(溶ける)を感じて!」
先生は子宮の部分を指しながら
腰の動きを教えるときに言われた短い一言(この時+あぁ本当にベリーダンスってセクシーな踊りと言われてるだけあるわと納得)
このメルティーか…とやけにこの言葉が気になってしまったのです。

でもこれに後々そうかあの一言はこれを言いたかったんだ!

と練習をしていって悟りました笑
これはかなりの私のベリーダンスの進歩です。

そしてその先生が、「心が無い踊はいけません。心から踊りましょう
ただ型だけ踊っても意味がないです。心から踊ると観客も分かるんです小さい何気ない簡単な踊りでも感動を生むのです。」と

これにはもうかなり私の心に響きました。
まるでガラスの仮面の月影先生と北島マヤの様な場面かも笑
wpid-IMG_20130404_221452.JPG

それからどーやって踊りに心を入れようか?修行してきました。
これはある意味演劇をするんだ!と。ガラスの仮面が大好きな私にはこれはマジでこの漫画の存在を思い出させたのでありますΣ(゚Д゚)

そう演技ですよ今更かもしれないけどダンスって芸術なんです。エンターテイメントですよって。当たり前じゃん!って皆さん思うかもしれませんが、わたしはやっとそのダンスでエンターテイメントをするって事に気づいたのでした。